私が思うヴィンテージワインの魅力

ヴィンテージワインとは

私が思うヴィンテージワインの魅力のメイン画像

ヴィンテージワインというのは、産地によってヴィンテージの捉え方が変わっている場合もあるのです。

ヴィンテージワインとは

ヴィンテージと聞くと、よくジーンズなどを想像するのではないかと思いますが、実際に食べ物ではあまりヴィンテージというのは聞きませんが、飲み物ではヴィンテージワインなどというのは、よく耳にするのではないでしょうか?

では食べ物ではヴィンテージだとダメなのはわかりますが、なぜワインならばヴィンテージワインとして価値が上がるのでしょう?

通常ワインでヴィンテージワインと呼ばれるのは、生産された年月のことをヴィンテージワインと呼びますが、ワインを生産している側ではワイン用のブドウが収穫されて、そのブドウが醸造される時期に関してもヴィンテージとして考えているそうです。

それを表すこととして、例えばワインの名産地フランスやボルドーなどでは、ワインを醸造してビンに詰めた後で、ラベルに年月日を刻印します。

この刻印された年月日が古ければ古いほど、寝かせたワインイコール熟成ワイン、ヴィンテージワインということで、どんどん価値が上がっていくのです。

ですが最近では、ヴィンテージワインと言いながら、産地の方で醸造した時期を称してヴィンテージワインと呼ぶために、通常私たちが考えるような寝かせたワインでなくても、ヴィンテージワインと呼ばれるワインが登場してきています。

寝かせていないのにヴィンテージワイン…なんだか不思議ですが、捉え方の違いで、年月のさほどたっていないヴィンテージワインというのもたしかに店頭に並んでいるのです。

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

CONTENTS

<Copyright 私が思うヴィンテージワインの魅力>